失敗を恐れるな 4つの憤死は積極走塁の阪神にとってミスではない 矢野監督「そんなこともある」

[ 2021年6月24日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-6中日 ( 2021年6月23日    バンテリンD )

<中・神(10)>5回、中野のバント安打で、一走・近本は一気に本塁を狙うもタッチアウト(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は、積極走塁が、ことごとく功を奏さなかった。2回1死一塁から糸原の中前打で三塁を狙った一塁走者のサンズが憤死。5回1死から中野のバント安打を処理した福谷の一塁悪送球では、一塁から一気に本塁を狙った近本が滑り込むことすらできないタイミングでアウトになった。

 盗塁死も、糸原(6回)、近本(7回)で計2度目。近本は今季6度目猛打賞となる3安打で塁上をにぎわせながら一度も生還できなかった。

 ただ、いまの猛虎にとって4つの憤死はすべて走塁ミスではない。矢野監督が強調した。「いやいや、そんなん全然。藤本(三塁ベースコーチ)だって、ずっと、いい判断してくれているし、迷ったら行ってくれた方がいい。年間に、そんなこともある」。今後も次の塁を狙う姿勢を継続していくつもりだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月24日のニュース