阪神・陽川2軍戦で降格後初本塁打 早期1軍昇格へアピール

[ 2021年6月9日 15:15 ]

ウエスタン・リーグ   広島―阪神 ( 2021年6月9日    由宇 )

阪神・陽川
Photo By スポニチ

 阪神・陽川尚将内野手(29)がウエスタン・リーグ広島戦に「4番・一塁」で先発出場。4―2の7回2死一塁の第4打席で小林の甘い直球を捉えると、打球は右翼ポールを直撃する2ランとなった。

 1軍では打率・194、2本塁打、6打点で7日に出場選手登録を抹消されたが、降格後2試合、8打席目で飛び出した豪快な一撃にベンチでは「ゴリラパンチ」を披露し、笑顔を見せた。6回にも左前打を放っており、持ち味の打撃でしっかりアピールした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース