東北福祉大・椋木 自己最速更新154キロ、初戦敗退もプロスカウトに印象残した

[ 2021年6月9日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権第2日 1回戦   東北福祉大5―9共栄大 ( 2021年6月8日    東京D )

<東北福祉大・共栄大>5番手として登板した東北福祉大・椋木(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 1回戦4試合と2回戦2試合が行われた。今秋のドラフト候補に挙がる東北福祉大の椋木(むくのき)蓮投手(4年)は共栄大との1回戦で救援登板し、自己最速を1キロ更新する154キロを計測。チームは5―9で敗れたものの、全国の舞台で剛速球を披露した。和歌山大は九産大との1回戦で逆転サヨナラ勝ちし、2回戦進出を決めた。

 すさまじいスピードに東京ドームがどよめく。全12球団のスカウトがネット裏から熱視線を送る中、椋木は4点リードされた8回から救援し、いきなり153キロと152キロで2者連続三振を奪った。いずれも見逃しとバットを振らせない。そして大里への2球目に自己最速を1キロ更新する154キロを叩き出した。

 チームは敗れた。2回で3三振を奪ったが、1点を失った右腕は「点を取られない気持ちで投げたけど、ヒットを打たれて…。(マウンドが)硬くて高めに浮くボールが多く、良くはなかった」と悔やんだ。4度目の大会制覇を狙ったチームは連戦を見据え、エースは救援待機。しかし、先発した左腕・三浦が2回4失点と序盤のビハインドが響いた。

 それでも、椋木の評価はうなぎ上りだ。スリークオーターから鋭く腕を振り、内外角にきっちり投げ分ける投球に、ロッテの永野吉成スカウト部長は「両サイドに速い球を投げる投手は魅力。短いイニングなら今のままでも(プロで)通用する」と評価。先発、抑えの両方をこなせることが最大の魅力である。

 3大会ぶりの初戦敗退。椋木は「(大塚光二)監督から“日本一の投手陣”と言われていたのに…。先制点を取られて雰囲気が悪い中、守備と攻撃がかみ合わなかった。僕ら後ろ(の投手)も駄目でした」と振り返った。

 秋季リーグ、そして明治神宮大会まで時間はたっぷりある。東北の剛腕はこの屈辱を糧に、ひと回り成長する。(伊藤 幸男)

 ◇椋木 蓮(むくのき・れん)2000年(平12)1月22日生まれ、山口県出身の21歳。高川学園では2年夏に甲子園に出場し、秋からエース。東北福祉大では1年春からベンチ入りし、18年の全日本大学野球選手権で2試合に登板。憧れの投手は楽天・岸。50メートル走6秒3、遠投100メートル。1メートル78、81キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月9日のニュース