広島・誠也 復帰2戦目で初安打も打線つながらず 4三振の菊池涼はセ打率トップ陥落

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   広島1-1ソフトバンク ( 2021年6月8日    ペイペイD )

<ソ・広(1)>2回無死、中前打を放つ鈴木誠(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島・鈴木誠が2回先頭で中前打し、新型コロナウイルス陽性から復帰2戦目で初安打になった。

 打線としてはつながらず、今季初だった2番・西川が4打席凡退、3番・林が4打数1安打。4三振の菊池涼は4月10日から守っていた打率リーグトップから陥落し、佐々岡監督は「調子のいい打者でつないで、点を取るという形を取ったが、なかなか機能しなかった」と振り返った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース