ソフトバンク・マルティネス 来日4年目初の月間MVP「とても光栄」

[ 2021年6月9日 13:37 ]

5月度月間MVP賞を受賞し会見するマルティネス(球団提供)
Photo By 提供写真

 ソフトバンクのニック・マルティネス投手(30)が9日、5月度「大樹生命月間MVP」を受賞し、オンライン会見を行った。

 来日4年目で初の月間MVP受賞について「とても光栄。一人の力で取れるものではない。いいリードをしてくれた甲斐、守ってくれたチームメイトに感謝したい」と笑顔を見せた。

 新加入の助っ人右腕は5月、5試合に先発登板し、リーグトップの防御率1・97。4勝1敗と抜群の安定感を見せていた。新型コロナウイルスの影響で来日が遅れ、1日オリックス戦で今季初登板。6回無失点の好投で移籍後初勝利を挙げた。15日、古巣日本ハム戦では今季2勝目を挙げ、パ・リーグ全球団からの白星を達成。東浜が出遅れ、エース千賀が不在の先発陣の救世主となった。グラウンドでは喜びを爆発させる「鷹のマルちゃん」。「野球が大好き。情熱を持ってやっている」と言葉にも熱が入っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース