楽天の連勝が6で止まり、交流戦首位から陥落 今季3敗目の則本昂は「何もないです」

[ 2021年6月9日 22:27 ]

交流戦   楽天3―7中日 ( 2021年6月9日    楽天生命パーク )

<楽・中2>楽天先発の則本昂(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天の連勝が6で止まり、交流戦の順位は首位から3位タイに転落した。先発・則本昂が誤算だった。3回、高橋周に先制2ランを被弾すると、同点に追いついた直後の4回に1失点。5回にも1点を失い、6回9安打4失点で今季3敗目を喫した。この日の投球内容については、降板後に球団を通じて「何もないです」とコメントした。

 球の質そのものは良かった。直球の最速は152キロを計測し、バットを5度もへし折ったが「打たれたら何もないです」と則本昂。石井監督は「試合中盤に則本が踏ん張れなかった。ボールのキレや力はあったので、細かいメカニックの部分を調整してほしい。次の登板はしっかりやってくれると思う」とリベンジに期待した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース