阪神・馬場 8回岩崎の穴埋めた 4戦連続無失点で2勝目ゲット 走者背負うも「焦らず集中」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   阪神3-2日本ハム ( 2021年6月8日    札幌D )

<日・神(1)>熊谷(右)からウイニングボールを受け取る馬場(左は原口)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神・馬場が岩崎の穴を埋める快投で、5月9日DeNA戦以来となる今季2勝目を挙げた。

 2―2の8回から登板。2死二塁のピンチを招いたが、この打席まで4安打の浅間を外角直球で空振り三振に斬った。

 「ランナーは出してしまいましたけど、焦ることなく目の前の打者に集中して、しっかり抑えることができて良かったです」。

 接戦の場面で役割を果たし、4試合連続無失点とした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月9日のニュース