ソフトバンク・武田 7回無失点、今季初の無四球に2試合連続10Kも白星付かず…工藤監督「今年イチ」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   ソフトバンク1―1広島 ( 2021年6月8日    ペイペイD )

<ソ・広>ソフトバンク先発の武田(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク先発の武田は7回3安打無四球1失点の好投も1球に泣いた。直球、スライダーに宝刀カーブを交え6回までに10奪三振。1点の援護を受けた直後の7回。2死から会沢に浮いたスライダーを捉えられ、同点ソロを浴びた。

 「調子が良かっただけに、とても悔しい。1球の怖さ、大切さを改めて感じた」

 5月18日の西武戦での3勝目以来、白星に恵まれていない武田。工藤監督は「今年1番良かった。ホームランは出てしまったが、失投がない投手はいない」と2試合連続2桁奪三振の右腕を評価した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース