ロッテ岩下、流れ呼び込めず4敗目 ヤクルト田口は粘投で3勝

[ 2021年6月9日 21:36 ]

交流戦   ロッテ3―5ヤクルト ( 2021年6月9日    ZOZOマリン )

<交流戦ロ・ヤ2>3回無死、山田に左越えソロを打たれる岩下(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ロッテは先発の岩下が、5回1/3を9安打4失点で4敗目を喫した。交流戦はここまで3試合に登板し2敗と、まだ白星がない。

 この日は初回の2失点が最後まで響いた。簡単に2死を取ったが、3番の山田に左前打を与えると、村上には四球。2死二塁で迎えたオスナに先制の中前適時打を許した。さらに続くサンタナにも右前打を浴び、初回に2点をリードされた。

 立ち上がりに流れを明け渡すと、3回には山田に左越えソロで加点され、6回にも追加点を許した。打線は中盤に追い上げたが、2点差に迫るのがやっとだった。

 ヤクルトの先発・田口は6回2/3を10安打3失点で3勝目。左腕の粘投が勝利を呼び込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月9日のニュース