巨人執念の球団史上最多9人継投…今季30戦目・中川は3失点も原監督「疲れてはいないと思いますよ」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   巨人3―3オリックス ( 2021年6月8日    京セラD )

<オ・巨>8回、ジョーンズ(奥)に左前適時打を浴びる中川(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督が球団史上最多の9投手をつぎ込む執念の継投を見せた。

 7回と8回に計3投手ずつを送り、過去最多の8人を更新。2点リードの8回はセットアッパーとして信頼する中川が4安打を集中されて3失点し、一時逆転を許した。

 早くも今季30試合目の登板だったが、指揮官は「プロとしては疲れてはいないと思いますよ」と奮起を促した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース