中日・ビシエド 止まらん18試合連続安打! 2安打2打点で首位奪回に貢献「続けていきたい」

[ 2021年6月9日 22:51 ]

交流戦   中日7-3楽天 ( 2021年6月9日    楽天生命 )

<楽・中(2)>5回1死三塁、適時打を放つビシエド (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 主砲の存在感は絶大だ。中日、ダヤン・ビシエド内野手(32)が18試合連続安打を記録。2安打2打点でチームの首位奪回に貢献した。

 3―2の5回1死三塁、則本昂の148キロ直球を捉えて中前打。5―2の1死一、三塁からは逆らわずに右前に運ぶ適時打でダメを押した。5月18日のDeNA戦(横浜)から連続試合安打を続け、その間の打点は実に15を記録する。

 得点源の主砲は「いい感じでスイングできている。続けていきたい」と頼もしく胸を張った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月9日のニュース