西武 8日から4日間で「フレンドリーシティ感謝デー」を開催

[ 2021年6月9日 11:28 ]

 西武が、フレンドリーシティ感謝デーを8日から11日まで開催している。埼玉県内の各自治体と「連携協力に関する基本協定」を締結し始めて、今年が7年目。その数も今では「55」まで伸び、多くの市町村にとって埼玉西武ライオンズが身近な存在へとなってきているが、今年新たにフレンドリーシティとなった東秩父村、長瀞町、幸手市、上里町、春日部市を含む各市町村に「在住」「在学」「在勤」をしている人には「感謝特別価格」でチケット販売がされるなど(現在は販売中止中)、うれしいシリーズだ。

 通常では、フレンドリーシティの自治体による出店などで盛り上がるこの感謝デーも今年は「コロナ仕様」。去る8日と来る11日は、各自治体からは「ご当地ゆるキャラ」たちがメットライフドームに来場し、一定の距離を取りながらファンを出迎える。

 ちなみに、フレンドリーシティとなった各自治体には、レオとライナや公式パフォーマー・ブルーレジェンズが幼稚園・保育園などを訪問したり、ライオンズOBによる学校訪問や、野球体験イベントの実施したり、小学生、園児をライオンズ主催の公式戦に抽選で招待するなど、ライオンズとの接点が一気に増える。町の施策や広報などにライオンズの商標・肖像の活用が容易にもなることから、より各自治体内でライオンズを目にすることが多くなるだろう。

 その数がさらに増え、近い将来、このフレンドリーシティ感謝デーも以前の活気あるものとして開催されることを願いたい。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース