佛教大 “ミラクル”再現ならず初戦敗退 森本主将「弱みをつぶして秋に戻ってきたい」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権第2日 2回戦   佛教大2-4名城大 ( 2021年6月8日    東京ドーム )

<佛教大・名城大>3回を投げ終え、ベンチに引き揚げる佛教大先発の木村(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 佛教大は逆転負けで、初戦敗退を喫した。

 3回に3安打で2点を先行したが、以降は打線が沈黙。先発の木村光が6回につかまり、一挙4点を失った。最終回は2死から死球で出塁しベンチの雰囲気も盛り上がったが、逆転に次ぐ逆転で勝ち上がった19年準Vの“ミラクル佛教”の再現はならず。

 主将の森本翔大は「何か足りないところがあって、埋められなかった。弱みをつぶして、また東京に戻ってきたい」と秋の雪辱を期した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月9日のニュース