DeNA、交流戦首位陥落も 牧が球団新人タイ7度目猛打賞

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   西武8―3DeNA ( 2021年6月8日    メットライフD )

<西・D>4回1死 左中間へ二塁打を放つ牧(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 DeNAは逆転負けで交流戦首位から2位に後退したが、7番・牧が3安打。7度目の猛打賞は59年・桑田武に並ぶ球団新人タイ記録で「偉大な記録に並ぶことができて素直にうれしい」と素直な心境を語った。

 先発のピープルズが4回途中7失点降板し、打線も15安打しながら13残塁で3得点止まり。それでも三浦監督は「打線の状態は悪くない。こういう日もある」と話し、交流戦の頂点を見据えた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース