日本ハム・浅間、緊急出場で自身初4安打の離れ業 第1打席は「フワフワした状態だった」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   日本ハム2―3阪神 ( 2021年6月8日    札幌D )

6回2死一、三塁、同点適時打を放つ浅間(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの浅間が緊急出場から4安打を放つ離れ業だ。

 初回表の間にベンチ裏で少しバットを振ったものの、代打での第1打席は「フワフワした状態だった」という。その中で右前へ運ぶと、3、5回にも右前打。6回2死一、三塁では阪神がエース西勇を下げて送った左腕・岩貞から中前に同点の適時打を放ち、自身初の4安打とした。8回は1死からの犠打で期待をかけられた2死二塁で空振り三振。4度あることは5度…とはいかず「あそこで出せないところが弱さ」と悔しがった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月9日のニュース