阪神 守護神・スアレス 5月度の月間MVP初受賞「素直にうれしい」

[ 2021年6月9日 13:00 ]

5月度のセ・リーグ投手部門で月間MVPに選出された阪神・スアレス
Photo By スポニチ

 阪神のロベルト・スアレス投手(30)が9日、5月度の「大樹生命月間MVP賞」に初選出され、喜びを口にした。

 「素直にうれしいです。初めてなんですけど、とてもうれしい気持ちですし、これからも全力でやりたいなと思います」

 5月は12試合に登板して9セーブ。失点はわずか1で自責は0。防御率0・00と文句なしの数字をたたき出した。好調の要因については「いつも昨日以上にというのを心がけています。選手としても個人としても、毎日、毎日成長していけるのがいいと思う」と振り返った。

 ここまで18セーブと順調に数字を伸ばしている右腕。藤川、岩瀬が持つセ・リーグシーズンセーブ記録(46セーブ)の更新も期待されるが、「記録というのは、あまり意識していない。毎日の試合がとても重要なので。その1試合に向けてしか集中していないので、結果、そういう時が来たら、すごく喜ばしいことですけど、今は本当に1試合、1試合しか考えていない」と冷静だった。

 8日の日本ハム戦では自己最速を更新する163キロを計測するなど、スアレスの剛球は日に日に進化している。リーグ優勝、2年連続のセーブ王に向けてもまだまだ勢いは止まらない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース