広島・野村 またも今季初勝利逃す…5回途中8失点で降板 開幕7戦目でも未勝利

[ 2021年6月9日 20:09 ]

交流戦   広島―ソフトバンク ( 2021年6月9日    ペイペイD )

<ソ・広2>5回途中降板しベンチでガックリの野村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島の野村祐輔投手(31)が、9日のソフトバンク戦に先発し、5回途中8失点で無念の降板となった。

 2回、無死三塁で中村晃に適時二塁打を浴びて先制を許すと、3回には柳田に右中間への2ラン。立ち上がりでソフトバンク打線につかまった。打線が4回に3点を奪って同点となったが、5回に悪夢が待っていた。

 2死一、二塁から長谷川に痛い四球を与えて満塁となると、中村晃に右前への2点打。さらに甲斐に四球を与えたところで降板となった。

 その後、2番手の菊池保が満塁から今宮へ押し出し四球、松田に中堅への2点打を浴びたため、野村は4回2/3を7安打、8失点、4四球だった。

 ここまで6度登板しながら今季未勝利。開幕から初勝利まで7戦以上かかるのは、自身初の“トンネル”だ。すでに不振から2度の降格を経験しているベテランが苦しんでいる。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年6月9日のニュース