阪神・糸原 勝負強さ健在!2軍戦初のフル出場で同点適時打 近日中の1軍昇格も現実味

[ 2021年6月9日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神3-2広島 ( 2021年6月8日    由宇 )

阪神・糸原
Photo By スポニチ

 阪神・糸原がウエスタン・リーグ広島戦に「2番・二塁」で先発出場。下肢のコンディション不良から復帰3試合目で初のフル出場を果たした。

 持ち前の勝負強さは健在だった。2打席凡退で迎えた、0―1の7回無死三塁。低め変化球を捉えて同点の右前適時打を放った。これで5日の同中日戦から3試合連続安打。守備でも3度の打球処理を軽快にこなした。

 実戦復帰時には「体の方は問題ない。1日でも早く1軍で活躍できるようにやっていきたい」と話していたが、順調な仕上がりをアピール。近日中の1軍昇格も現実味が帯びてきた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース