共栄大 3度目出場で初勝利、高嶋V弾「真っすぐを張って打てた」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

第70回全日本大学野球選手権第2日 1回戦   共栄大9―5東北福祉大 ( 2021年6月8日    東京D )

<東北福祉大・共栄大>2回無死、先制のソロ本塁打を放つ共栄大・高嶋(撮影・河野 光希)
Photo By スポニチ

 共栄大が強豪・東北福祉大を破り、3度目の出場で初勝利を挙げた。立役者は5番の高嶋だ。2回に三浦から右中間への先制ソロ。これが決勝打となり「真っすぐを張って打てた。リーグ戦は投手に助けてもらったから、今度は打線がね」と胸を張った。

 東海大相模では3年夏に甲子園出場も背番号は16。「高校時代はあまり出られなかった。全国を狙え、自分も(レギュラーで)出られる大学をと、共栄大を選んだ」と照れ笑いした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース