上武大4年ぶり8強 山脇彰太主将がV2ラン「散々打てなかったので、自分で決めてやろうと」

[ 2021年6月9日 13:16 ]

全日本大学野球選手権2回戦   上武大4―2桜美林大 ( 2021年6月9日    神宮 )

<全日本大学野球選手権 上武大・桜美林大>7回無死三塁、上武大・山脇が右越え2ラン本塁打を放つ(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 上武大の山脇彰太主将(4年・九州国際大付)の一振りで、4年ぶりの8強入りを決めた。

 2―2の7回無死三塁。「狙っていた」というスライダーを、右翼席まで運んだ。今大会の初安打が貴重な決勝2ランとなり「散々、チャンスで打てなかったので、自分で決めてやろうと思って入った。(感触は)完ぺきでした」と笑顔を見せた。

 谷口英規監督は「キャプテンなのでね。ああいうところで仕事をしてくれないと。チャンスをつぶしていたから、そういう思いもあったと思う」とねぎらった。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年6月9日のニュース