ヤクルト・奥川 自己ワースト12安打6失点で2敗目「追い込んでから決め切れなかった」

[ 2021年6月9日 05:30 ]

交流戦   ヤクルト4―7ロッテ ( 2021年6月8日    ZOZOマリン )

<ロ・ヤ>4回2死二塁、荻野に中前適時打を打たれ悔しがる奥川(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの奥川は5回を投げ、ともに自己ワーストの12安打6失点で2敗目。初回に援護点をもらったが直後に2失点するなど毎回走者を背負う苦しい投球に「追い込んでから決め切れなかった。(相手が)甘い球を見逃さず、流れを持ってくることができなかった」と肩を落とした。

 10日に先発予定のドラフト同期のロッテ・佐々木朗の前で白星を挙げることはできなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月9日のニュース