巨人・桑田真澄コーチ 開幕直後の菅野離脱は「本当に痛かった」 個人的にも…「何か凄く寂しかった」

[ 2021年4月23日 18:08 ]

ベンチで菅野(左)と話す桑田コーチ
Photo By スポニチ

 ニッポン放送「ショウアップナイター 巨人×広島」が23日、番組の放送開始55周年を記念し、巨人の桑田真澄投手チーフコーチ補佐(53)の独占インタビューを放送。その中で「菅野君の離脱というのは本当に痛かった」と開幕直後の状況を振り返った。

 桑田コーチは開幕直後に脚部の違和感で登録抹消となった菅野について「菅野君の離脱というのは本当に痛かった。個人的にも彼と一緒に野球が出来ることを楽しみにしていたし、彼をもう一段上へ高められるにはどうしたらいいのかと思って入ってきた(コーチを引き受けた)ので、何か凄く寂しかったですね」とコメント。

 先発陣については「先発がしっかり7回、8回とゲームを作って、そして週に一人は完投するピッチャーが出てきて欲しいなと思ってます」と熱望。最後に「リリーフ陣はデラロサがいなくなって心配なんですが、みんなで結束して勝利をひとつずつ積み重ねていきたいと思います」と答えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース