オリックス・漆原 劇勝の恩恵でプロ初勝利 「3人で抑えて帰ってくることだけを考えていた」

[ 2021年4月23日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス7―6西武 ( 2021年4月22日    京セラD )

5番手で登板し、プロ初勝利を手にした漆原(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 オリックスの漆原が劇的なサヨナラ勝利でプロ初白星を手にした。

 9回に登板して最速152キロ直球を軸にわずか5球で3者凡退に仕留めて、攻撃のリズムを呼び込んだ。「3人で抑えて帰ってくることだけを考えていた」。

 開幕当初は抑えに抜てきされながら、本来の力を発揮できていなかっただけに「明日からも任されたところで結果を出したい」とさらなる復調を期した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース