ヤクルト“得点取り消し”に奮起!代打・川端が決勝打 チーム一丸逆転で3連勝

[ 2021年4月23日 21:21 ]

セ・リーグ   ヤクルト6ー4中日 ( 2021年4月23日    神宮 )

<中・ヤ>6回2死三塁、代打・川端の右前適時打に喜ぶ(右から)山田、村上ら(撮影・小海途 良幹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは23日、本拠で中日を6―4で下し、引き分けを挟んで3連勝。リクエスト判定による得点取り消しにチームが奮起。山田哲人内野手(28)が2本の本塁打を含む3安打3打点と大暴れ。代打で登場した川端慎吾内野手(33)が決勝点となる右前適時打を放つとベンチで村上宗隆内野手(21)らが大盛り上がり。ベテランから若手までチーム一丸となって勝利をつかんだ。

 先発の奥川は初回、1死三塁から福田に中前適時打を浴び先制を許すと4回にも1失点。5回には大島、京田、福田と3連打されさらに2失点。毎回の10安打を浴びるなど5回4失点で降板した。

 打線は初回に山田の6号ソロであっさり同点。3回には二走・村上が中日先発・松葉の暴投により三塁から本塁へ一気に突入。ベースカバーに入った松葉とのクロスプレーで判定はセーフとなったが、中日からのリクエストにより判定が覆り得点取り消し。この判定に村上は両手を広げベンチで驚きの表情を見せた。

 それでも3点を追いかける5回、1死二、三塁から中村の遊ゴロの間に1点を返すと、続く山田が左中間を破る適時打二塁打。さらに村上が2死二塁から“意地の”中前適時打で同点とした。

 4―4の6回には2死三塁から代打・川端が鮮やかな右前適時打。逆転に成功すると7回、再び山田がこの日2本目となる7号ソロで追加点。

 リリーフ陣も今野、梅野、近藤と無失点リレー。最後は清水が締め、うれしいプロ初セーブ。2番手の今野には移籍後初白星がついた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース