劣勢の展開が今は仕事場…でも、阪神・北條の一撃に虎党は光を見た! 7打席目での今季1号

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-8巨人 ( 2021年4月22日    東京D )

<巨・神(6)>6回2死一塁、2点本塁打を放ち、ナインの出迎えに笑顔の北條(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 いまの阪神・北條にとっては劣勢の展開がむしろ少ないチャンスだった。6回2死一塁。高橋の初球の真っすぐを完璧に捉え、虎党が陣取る左翼席上段へ1号2ランを突き刺した。

 「積極的に行った中で、狙い球だけ考えていった。諦めない気持ちを持って、打席に入りました」

 昨季までの背番号「2」を変更。「26」を背負って初めてのアーチを描いた。出場8試合、7打席目での一撃にベンチ前では笑みがはじけた。

 4回に代打で出場。遊直に倒れた後も5回から糸原に代わって二塁に就いた。複数打席に立ったのは今季初めて。いつもはベンチで声を出して盛り上げていた男が、限られた出場機会で存在感を示した。

 20日の巨人戦では代打で待望の今季初安打が出たばかり。出場2試合連続の安打で上昇の兆しを示し、矢野監督にも「打席が少ないから、その中で打つのは大変。素晴らしいホームランやったし、あいつが打つと盛り上がる。代打で右でとなれば北條というのもあるし、これから先、スタメンで出ることもあり得る」と評価された。

 直近2年は木浪と遊撃の座を争い、昨季は40試合の出場にとどまった。主戦場だった二遊間にはトレードの山本、新人の中野という新顔が加入。出場機会を増やすために今春キャンプでは慣れない一塁にも挑戦した。厳しい立場を自覚し、開幕後も志願して2軍戦に参加するなど気持ちを切らすことはなかった。

 「自分はバッティング(打席)に入りたいと思って練習してました」

 とにかくチャンスがほしかった。たまっていたフラストレーションをひと振りで晴らし、少しだけ緩んだ表情をすぐに引き締めた。「これからが大事なんで、切り替えてやっていきたい」。逆襲の時間はまだまだある。(長谷川 凡記)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース