日本ハム・石川亮 正捕手獲り負けん!決勝二塁打など2安打とリードで勝利に貢献

[ 2021年4月23日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―1ロッテ ( 2021年4月22日    ZOZOマリン )

<ロ・日>2回1死一塁、石川亮は勝ち越しとなる左中間適時二塁打を打つ(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 日本ハムの石川亮が2回1死一塁で左中間へ二塁打。走者の渡辺が長駆生還して2―1と勝ち越した。最悪のゴロ併殺を避けるため、右方向に打つ意識が強かったといい「それが結果的に良かった。たまたまボールが甘いところに来た」。

 開幕早々に2軍落ちし、1軍再昇格後2度目のスタメンだった。2安打とリードで勝利に貢献し、「他の捕手に負けていないという自信はある。結果で見せたかった」と語気を強めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース