巨人・高橋が開幕4戦4勝 虎党改め“虎倒男”!?球団左腕では内海以来 

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8-3阪神 ( 2021年4月22日    東京D )

<巨・神>投打のヒーロー・高橋(左)と香月はお立ち台で満面の笑みを見せる(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 大好きな虎を狩った。開幕4連勝を飾った巨人・高橋は、阪神の不敗神話の発動を防ぎ、大きく胸を張った。

 「先制点を与えたくない場面でしたし、そこは三振を狙って投球できた。あそこの攻めは、今日の中で良い部分だったと思う」

 初回1死二、三塁だ。打点を挙げれば19連勝を継続する4番・大山を迎えたが、得意のスクリューで狙い通りの空振り三振。3回も無死一、二塁から三直に抑え、相手を勢いに乗せる打点を防いだ。

 6回3失点で、リーグトップタイとなる無傷の4勝目。球団の左腕で開幕4戦4勝は10年内海(現西武)以来の快挙で、通算10勝のうち4勝が阪神という「虎キラー」ぶりだ。茨城県出身ながら両親が阪神ファンで、幼少期は大の虎党。小学生時代に甲子園で縦じまのユニホーム姿で応援したこともある。憧れていたチームとの首位攻防戦で好投。一方で、回の先頭打者の出塁を4度許し「先頭打者を出すのは得点につながる確率が高くなる。修正したい」と反省も忘れなかった。

 宮本投手チーフコーチからは「六男坊」と呼ばれ、先発ローテーションの6番目として勝ち星を積み重ねるが、現状に甘んじることはない。「競争の立場。必死に一戦一戦を戦って、一年間ローテーションを守れたらいい結果につながる」。昨季1勝に終わった悔しさを胸に、好投を続ける。(田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース