DeNA2年ぶり10連敗…9回失策で決勝点献上 頼みの綱ソトら不調で打線機能せず今季4度目零敗

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA0ー1中日 ( 2021年4月22日    横浜 )

<D・中>中日に敗れ足早に引き揚げる三浦監督(中央)(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 DeNAがトンネルから抜け出せない。0―0の9回2死。守護神・三嶋は木下拓に遊撃へのゴロを打たせたが、柴田が一塁へ悪送球して決勝点に(記録は内野安打と失策)。直前に一塁走者・高松へのけん制球でリプレー検証を求めたがセーフ判定は覆らず、直後に悪夢が待っていた。

 2年ぶりの10連敗。三浦監督は「明日も試合があるのでそれに向かいやっていく」と、懸命に前を向いた。4安打で今季4度目の零敗。ソト、オースティンが打線に加わっても調子が上向かない。

 コロナ下で来日が遅れ、15日のヤクルト戦から先発に名を連ねた大砲コンビだが、調整を急いだためか状態が上がらないままだ。スタメンに加わる前の17試合は1試合平均3・4得点でチーム打率・244だったが、加入後の7試合は6得点で同平均0・86得点で・169。この日は、前日まで牧や宮崎を2番に置いて得点力アップを狙ったオーダーをやめ、柴田を2番に据えたが、貧打は続いた。

 指揮官は2月の春季キャンプから助っ人不在も想定して機動力強化を掲げ、バントや盗塁を重用する野球を目指してきた。ベストオーダーで破壊力重視にシフトしたはずが、機能していない。

 試合前に三浦監督は「メンバーが代わると作戦も変わる」と話したが、現在ソトは打率・148、オースティンは・276。「2人は絶好調ではない」と渋い表情だ。早出特打では佐野、桑原相手に打撃投手を務めた番長。前回10連敗を喫した19年には2位でフィニッシュした。悪い流れを何とか変えたい。(大木 穂高)
 《19年4月以来21度目2桁連敗》DeNAが引き分け2試合を挟んで10連敗。DeNAの2桁連敗は19年4月の10連敗以来2年ぶり21度目。2桁連敗21度は広島、ヤクルトの13度を大きく上回る12球団最多。19年は5月以降に巻き返し、シーズン2位まで浮上したが今季はどうか。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース