阪神・ロハスは守備も「センスある」 来日初の実戦守備に平田2軍監督は合格点

[ 2021年4月23日 05:30 ]

ウエスタン・リーグ   阪神2-8ソフトバンク ( 2021年4月22日    鳴尾浜 )

<ウエスタン 神・ソ6> 2回無死一、二塁、レフトでスタメン出場したメル・ロハス・ジュニアは野村の打球をjキャッチ(代表撮影)
Photo By 代表撮影

 阪神の新外国人、メル・ロハス・ジュニア外野手(30)が22日、来日2度目の実戦だったウエスタン・リーグのソフトバンク戦で初の実戦守備として左翼に就き、1軍デビューへステップを踏んだ。

 「思っていたよりも体が動いたので、感触も良かった。いろいろ確認できて良かった」

 4度の打球処理を無難にこなし、5回2死満塁からの二塁打では中継への送球がそれる場面があっても、平田2軍監督には「センスを感じる。どこでも守れると言っていた」と評価された。

 打撃では通算60勝の実績を持つ武田と対戦して1打数無安打で1四球。「1軍でよく投げる投手と聞いていた。(ゾーンで)あれ?と思うとことはない」。試合前練習のティー打撃では「大切にしているドリル」という木製の板に乗ってスイングする韓国時代のルーティンも披露。「ボールを見ることで準備が進んでいく」と週末に予定される社会人との練習試合出場にも意欲を示した。 (遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース