プロ初失策の佐藤輝を励ましたのは、伝説のあの人…「悲劇の」G・G佐藤氏が「落ち着け」と投稿

[ 2021年4月23日 21:31 ]

セ・リーグ   阪神1ー7DeNA ( 2021年4月23日    甲子園 )

G・G佐藤氏が落球した北京五輪の韓国戦

 かつて西武やロッテでプレーしたG・G佐藤氏が自身のTwitterを更新。23日の阪神―DeNAで痛恨のプロ初失策を喫した阪神ドラフト1位の佐藤輝に励ましの言葉を投稿した。

 佐藤輝は1―3の5回1死満塁で神里が放った一、二塁間を破る打球を処理しようとしたが、まさかの後逸。3人のランナーだけでなく、打者走者の神里まで生還を許してしまった。かつて08年の北京五輪準決勝・韓国戦で左翼フェンス際の飛球を落球し、3位決定戦でも平凡なフライを落球したG・G佐藤氏は「一度の後逸は仕方ない。でも、今のエラーにしっかり向き合って心を整えないとまたエラーするから、落ち着けTT佐藤くん(原文ママ)」と投稿。同じ名字のルーキーにエールを送った。

 なお前日には西武・佐藤がサヨナラ負けに直結する二塁への野選を記録。G・G佐藤氏はハッシュタグに「なんで毎日どこかで佐藤がエラーするんや」と結んだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース