途中交代の阪神・梅野 3回は今季最短ながら「大事取った」 試合終了までベンチに姿

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-8巨人 ( 2021年4月22日    東京D )

<巨・神(6)>初回1死一塁、梶谷の打球を左ひざに受けて顔をしかめる梅野(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・梅野は3回2死一、二塁で早々に代打・陽川を送られた。途中交代は今季4度目で、もちろん、最短。初回の守りでは1死一塁から梶谷のファウルチップを左ひざ付近に当てて、もん絶。2回先頭の打席前には「梅野選手の治療により…」と場内アナウンスが流れていた。

 交代後も終了までベンチには姿があり、井上ヘッドコーチは大事を取った措置だったことを強調した。「ガッツマンなので、“いける、いける”というタイプ。シーズンは長いし、こちらが大事を取らせた」。18日のヤクルト戦でもワンバウンド投球を右手親指に当てて途中交代した経緯もある。開幕から全試合で先発マスクをかぶり、絶対に欠かせない存在。点差も開いており、総合的な判断だったようだ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース