楽天ディクソン「完璧」来日初スタメンで先制1号ソロ!4回第2打席、高橋の初球を左翼席運んだ

[ 2021年4月23日 19:38 ]

パ・リーグ   楽天―西武 ( 2021年4月23日    楽天生命パーク )

4回1死、ソロ本塁打を放つディクソン(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 楽天のディクソン内野手(29)は、23日の西武戦の4回に来日第1号を放った。

 今季から楽天に加入し、23日に一軍昇格したディクソン。「5番・指名打者」で初のスタメン出場。0-0の4回1死走者なしで迎えた第2打席。西武先発の高橋が投じた初球をレフトスタンドへ運んだ。来日第1号がチームにとって貴重な先制点となった。

 ディクソンは、2019年はメジャーで117試合に出場し、15本塁打をマーク。パワーに加え、内外野の複数ポジションをこなす器用さを併せ持つ新助っ人がいきなり結果を出した。

 ▼ディクソン(来日初HRに)「打ったのはカーブかな。低いボールを打たされないように、高めに浮いてきたボールを打とうと思って打席に入ったよ。上手く反応できたね。完璧だったよ」

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース