阪神、今季初の3連敗 藤浪の乱調に拙守も重なり2位巨人と1差 大山の不敗神話も止まる

[ 2021年4月23日 21:24 ]

セ・リーグ   阪神1ー7DeNA ( 2021年4月23日    甲子園 )

<神・D>5回1死一塁、阪神・馬場の悪送球に糸原(奥)、中野が跳びつくも捕球できず(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神は先発・藤浪が7四死球と乱調、さらに拙守が重なったことが響いて3連敗。この日勝利した巨人に1ゲーム差に詰められた。

 藤浪は初回こそ3者凡退も、2回に先頭から3四球を与えて満塁とし、内野ゴロの間に1点を失う。さらに3回2死二塁では佐野に中越え適時二塁打を浴びると、続くソトから3連続四球でこの回2失点。大山の4号ソロで1―3とした直後の5回には、先頭のオースティンに死球を与え、ここで交代を告げられた。

 救援した2番手・馬場は1死一塁からソトを投ゴロに打ち取るも、二塁へ悪送球。宮崎の左前打で1死満塁とされて神里には一、二塁間を破られた。この打球を処理しようとした右翼・佐藤輝がまさかの後逸。打者走者の神里まで生還させてしまう痛恨のプロ初失策で、点差を広げられた。

 大山が打点を挙げれば昨年からチームは19連勝中だったが、その記録も止まった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース