まさか…今季好調の阪神・藤浪が10連敗中のDeNAに今季最短KO 5回持たず4失点降板

[ 2021年4月23日 19:57 ]

セ・リーグ 阪神ーDeNA ( 2021年4月23日    甲子園 )

<神・D>5回無死、阪神・藤浪はオースティンに死球を与える(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪が今季最短となる4回0/3、4失点でKOされた。3回までに2度の3連続を含む6四球と乱調で3失点。5回、先頭のオースティンに死球を与えたところで矢野監督は2番手の馬場へのスイッチを決断した。

 開幕から2勝負けなし、防御率1・90と順調に白星を積み重ねていた右腕は、10連敗中のDeNA相手に苦しい投球に終始し、先発の役割を果たせなかった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース