これぞ、プロ!中日・高松 柴田の一塁送球「低いな」から迷わず本塁へ 与田監督も神走塁を称賛

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   中日1-0DeNA ( 2021年4月22日    横浜 )

<D・中6>9回2死一塁、木下の打球処理で柴田が悪送球を犯した間に一気に生還を果たし迎えられる一走・高松(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 9回2死、代走で一塁走者に立った中日・高松は木下拓の遊ゴロを処理した柴田の一塁送球を「低いな」と確信した。二塁へスライディングした体をすぐ起こし、間髪入れず再スタートを切った。

 「(一塁手のソトが)はじいた瞬間、ホームまで行けると思った(三塁ベースコーチの)英智さんも腕を回していた」

 読み通りそれた送球が右翼線へ転がる間に一気に本塁へ突入。最後はヘッドスライディングでタッチをかいくぐり、先制、そして、決勝の1点をもぎ取った。「一瞬でも迷ったら多分アウト」。与田監督も称賛の俊足と判断力が光った。

 プロ入りできたのも「神走塁」があったからだ。滝川二3年春、履正社との練習試合で8―8の9回2死三塁から暴投で一気にサヨナラ生還した姿が安田(現ロッテ)の視察で集まっていたスカウト陣の目に留まり、17年ドラフト3位。今季は機動力重視の方針に合致し、4年目で初の開幕1軍入り。「竜の周東」の異名通りの活躍に「一番の特徴である脚を生かせて良かった」と胸を張った。 (徳原 麗奈)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース