ロッテ・ハーマン 投球間隔15秒以上でボール判定に

[ 2021年4月23日 20:03 ]

パ・リーグ   ロッテ―ソフトバンク ( 2021年4月23日    ZOZOマリン )

ロッテのハーマン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 ロッテの3番手・ハーマンが7回2死で迎えた甲斐の打席で、1ボール2ストライクから投球間隔が15秒以上かかったことでボール判定される珍しいプレーがあった。

 ハーマンは直後に中前打を浴びたが、続く周東を1球で一ゴロに仕留めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース