広島 痛恨の借金生活 8回塹江も痛恨の失投「内要求の球を投げ切れていなかった」 遠藤は2軍降格

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-7ヤクルト ( 2021年4月22日    マツダ )

<広・ヤ(6)>選手交代を告げにベンチを出る佐々岡監督 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島は、劣勢を2度追い付く粘りを見せながらも、最後は勝ちパターンを担う塹江が勝ち越しを許す痛恨。ヤクルト戦は1分を挟んで4連敗となり、3月26日の開幕戦黒星以来となる借金生活に突入した。

 4―4とした直後の8回に救援登板。1死から連打で一、二塁とされ、山崎に7球目の外角直球を左中間へ運ばれる。スタンドの落胆を呼ぶ2点三塁打。続く元山に初球スクイズを決められ、決定的な3点目を失った。

 「ボール自体は大きく変わっていないと思うけど(山崎には)内要求の球をしっかり投げ切れていなかったので踏み込まれた感じです…」。セットアッパーとして開幕から8試合連続無失点だった左腕。大きな代償を払う今季初失点となった。

 先発・遠藤の乱調も誤算だった。2回の先頭・塩見に先制弾を浴びると、3回にも先頭に四球を与え、続く元山に2ランを被弾する悪循環。5四球の制球難では3回降板も致し方なく「単純に力不足だと思います…」とうなだれた。試合後に2軍降格が決まった。

 愛弟子の22歳について「いい時の球じゃないし、1軍で投げる球じゃない」と佐々岡監督。敗戦投手となった塹江には「痛いけど、あの場面で投げる投手なので、切り替えてまた頑張ってもらいたい」と責めなかった。 (江尾 卓也)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース