広島・安部 汚名返上の同点打も、気分は晴れず「チームのみんなに申し訳ない。あれが今日の敗因」

[ 2021年4月23日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-7ヤクルト ( 2021年4月22日    マツダ )

<広・ヤ(6)>7回2死一、二塁、安部は中前に同点となる適時打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島・安部が汚名返上の同点打を放った。

 1点を追う7回2死一、二塁の好機で、マクガフのカットボールを中前へ。「取り返してやろうと切り替えてはいたけど、あのエラーが全てですね…」。

 歯切れが悪いのは適時失策を犯したからだ。同点の7回2死二塁で古賀の三ゴロをトンネル。ミスで勝ち越し点を献上しただけに「あの1点が無ければ展開が変わったかも。チームのみんなに申し訳ない。あれが今日の敗因」と厳しい表情だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース