日本ハム 今季11度目2桁三振で完敗 札幌ドーム今季9試合目でも初勝利ならず栗山監督「申し訳ない」

[ 2021年4月23日 22:23 ]

パ・リーグ   日本ハム1―6オリックス ( 2021年4月23日    札幌D )

<日・オ4>札幌ドームで白星が無い栗山監督(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムに浮上の兆しが見えない。栗山監督は試合前まで打率・189と不振の主砲・中田を「試合に勝つために1番いい形を考えている」と2試合連続でスタメンから外す布陣で臨んだが、オリックス・山岡の前に10三振を奪われるなど2投手から計11三振。23試合を終えて11度目の2桁三振で、得点は8回の近藤の内野ゴロの間の1点のみ。期待の新助っ人R・ロドリゲスは4打数無安打で2試合連続無安打に終わった。

 この日から北海道シリーズ限定ユニホームを着用するも、これで今季札幌ドームでは7敗2分けと9試合勝ち星なし。栗山監督は「ホームで勝てなくて申し訳ないです。何とかするしかない。勝ちきらないといけないだけ。札幌のファンの皆さんには本当に申し訳ない」と厳しい表情だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース