神戸大が大阪府大に連勝 7番降格に奮起した水谷が決勝打 近畿学生野球

[ 2021年4月23日 19:07 ]

近畿学生野球 春季リーグ戦   神戸大8ー3大阪府立大 ( 2021年4月23日    南港中央 )

<神戸大・大阪府大>7回、勝ち越しに成功し沸く神戸大ナイン
Photo By スポニチ

 神戸大が大阪府大に連勝し、ポイントを12とした。5回に3―3の同点に追いつき、7回に水谷元紀(3年=加古川東)が三塁線を破る勝ち越しの適時三塁打を放った。

 昨秋リーグ戦後のオープン戦では4番も務めたが、不調で7番に“降格”。それでも「チャンスには弱いけど、ピンチには強い」と開き直った。小学校から大学まで、全て同じチームの佐伯将輝(3年=加古川東)に頼んで、「打てなかったら命取られるぐらいに思え」とあえて厳しく追い込んでもらい、結果を出した。「けっこうつらかったんですけど、試合を決める一打を打てたのでうれしい」と声を弾ませた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース