オリックス宮城 急性胃腸炎のため登録抹消

[ 2021年4月23日 16:07 ]

オリックス宮城大弥
Photo By スポニチ

 オリックス・宮城大弥投手(19)が「急性胃腸炎」のため出場選手登録を抹消された。球団によると、前日22日の練習後に体調不良を訴え、大阪市内の病院を受診。「急性胃腸炎」と診断された。

 高卒2年目の宮城は今季、自身初の開幕ローテーション入りをつかむと、ここまで4戦2勝無敗、防御率1・26と存在感を示していた。代わって、K―鈴木投手が登録された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース