和歌山大が大阪市大に連勝で単独首位浮上 4年生直江が炎の連投

[ 2021年4月23日 16:23 ]

近畿学生野球 2021春季リーグ戦 第4節第2日   和歌山大4―0大阪市大 ( 2021年4月23日    南港中央 )

<和歌山大・大阪市大>3回から救援し7回無失点と好投した和歌山大・直江奏乙
Photo By スポニチ

 和歌山大が大阪市大に零封勝ちで連勝。ポイントを21とし、単独首位に浮上した。

 前日22日に7回2/3を1失点で勝利に導いた直江奏乙(かなと・4年=鈴蘭台)がこの日も3回から救援し7回2安打無失点の快投。「疲れはなかった。むしろ昨日より今日の方が体の状態は良かった」とタフネスぶりを発揮。球数もわずか69球と打たせて取る投球で、大阪市大打線を寄せ付けなかった。

 大原弘監督も「昨日もよく投げてくれたし、今日も連投でこれだけ投げてくれた。直江さまさまです」と称賛。18年秋以来、4季ぶりの優勝をはっきりと視界に捉えた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年4月23日のニュース