ソフトバンクのドラ2海野 初先発マスクに「いい緊張感を経験できた」

[ 2020年11月1日 17:06 ]

パ・リーグ   西武3ー1ソフトバンク ( 2020年11月1日    メットライフD )

<西・ソ>7回1死一塁 中村(左)の時に二塁に送球する海野(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・海野が「9番・捕手」でプロ初のスタメン出場。3投手をリードし、「試合の序盤は少し緊張していましたが、3回くらいからほぐれました。いい緊張感を経験することができましたし、いいものを出せるように、アピールしたいです」とコメントした。工藤監督は「ベンチで見ているのと実際に被るのでは違う。打者の反応とか、この経験を次に生かしてほしい。(甲斐に)近づくように頑張ってほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース