【ファーム情報】ヤクルト・奥川が公式戦初勝利

[ 2020年11月1日 18:04 ]

 プロ野球のファームは1日、イースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。両リーグは今シーズンの全日程を終了した。

 楽天はロッテ戦(ロッテ浦和)に2―0で完封勝利。先発・塩見が6回2安打無失点の好投で1勝目を挙げた。フェルナンドが2安打。ロッテ先発・大嶺は5回5安打1失点で5敗目(4勝)。
 ヤクルトは日本ハム戦(鎌ケ谷)に4―1。先発のドラフト1位・奥川(星稜)が5回56球を投げて無安打無失点、3三振を奪う好投で公式戦初勝利となる1勝目を挙げた。渡辺、太田、浜田がそろって2安打1打点。日本ハム先発・鈴木遼は2回4安打2失点で4敗目(1セーブ)。
 巨人は西武戦(カーミニークフィールド)に2―1。5回に加藤脩が決勝の1号2ランを放った。先発・大竹は1回1安打無失点。西武先発・本田は4回1安打無失点だった。
 ソフトバンクは阪神戦(タマスタ筑後)に5―1。先発・スチュワートは1回無安打無失点。高田が2回の1号ソロなど3安打。三森が2安打2打点だった。阪神先発のドラフト1位・西純(創志学園)は6回10安打5失点で3敗目(4勝)。
 広島―中日戦(由宇)は5―5で引き分け。広島先発・高橋昂は5回5安打1失点。正随が初回の2号2ランなど2安打、小園が3安打1打点だった。中日先発のドラフト2位・橋本(大商大)は3回5安打3失点。大野奨が3安打。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース