DeNA細川が今季1号 130メートル弾に「一振りで仕留めることできた」

[ 2020年11月1日 17:11 ]

セ・リーグ   DeNA-阪神 ( 2020年11月1日    横浜 )

<D・神> 7回無死、細川は左越えソロを放つ(投手・岩貞)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 【セ・リーグ DeNA―阪神 (2020年11月1日 横浜)】

 DeNA・細川が特大の今季1号ソロを放った。
 「6番・左翼」で出場して迎えた7回の第3打席。1ボールからの2球目をファウルグラウンドに打ち上げてしまったが、阪神の一塁手・マルテが落球。
 失策に救われた形となり、仕切り直しの3球目を左翼スタンド上段に運んだ。
 待望の今季1号は130メートル弾。細川は「1球前のボールを打ち損じていた。ひと振りで仕留めることができて良かった」
 ファームではイースタン・リーグトップの13本塁打を放っている長距離砲。そのパワーを存分に見せつけた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース