オリックス 主砲・吉田正の不在響いた…中嶋監督代行「ハッ、簡単に打ち上げて」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス1―6日本ハム ( 2020年10月31日    札幌D )

<日・オ>5回1/3を投げ6失点だったオリックスの先発・アルバース(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 怒りを通り越して自嘲気味に語った。オリックスの中嶋監督代行は「選手に聞きたいです。ハッ、簡単に打ち上げて…」と嘆いた。

 31日の日本ハム戦。吉田正が前日30日に自打球を受けた影響で114試合目で今季初ベンチスタート。主砲不在の打線は迫力を欠き、新人・河野に5回2死まで完全投球されるなど1点を返すのが精一杯だった。

 吉田正は6回2死一塁で代打出場し二ゴロ。指揮官は「もっと走れないかと思いましたけどね。痛みはあるので、それを見ながら」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース