昨年Vの静岡ガスが快勝発進 全日本軟式野球大会

[ 2020年11月1日 10:39 ]

<湘南信用金庫・静岡ガス>緩急を駆使した投球で完封勝利を挙げた静岡ガス・小井
Photo By スポニチ

 社会人軟式野球の最高峰「天皇賜杯第75回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」(全日本軟式野球連盟、スポーツニッポン新聞社主催)第2日は1日、マスカットスタジアムなど岡山県内の8会場で2回戦と3回戦が行われた。

 2回戦から登場の前年優勝・静岡ガス(静岡)マスカットスタジアムで湘南信用金庫(神奈川)と対戦し5―0で初戦を突破した。

 試合が動いたのは5回。2死二塁から上嶋が両軍通じて初安打となる左中間三塁打を放ち、先制点を奪うと、8回にも上嶋の右前適時打などで4点を挙げ、試合を決めた。投げては先発の小井が緩急をうまく使った投球で反撃を許さず完封。2連覇を狙う王者が力強く発進した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース