パCS争い激戦続く  2位ロッテと4位楽天が引き分け 3位西武が勝利で2・5ゲームの中に3チーム

[ 2020年11月1日 16:44 ]

パ・リーグ   ロッテ3―3楽天 ( 2020年11月1日    ZOZO )

<ロ・楽>7回裏1死満塁から安田は中前タイムリー(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

  2位・ロッテは延長10回の末に3―3で4位・楽天と引き分けた。

 ロッテ打線は1点を追う7回に1死満塁の場面で7番・安田が中前適時打を放って同点。その後は両チームの救援陣が踏ん張り、ドローとなった。

 3位・西武はソフトバンクに勝利しため、ロッテとのゲーム差は「1・5」に縮まった。楽天は2・5ゲーム差でロッテを追う。

 今季のパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)はファイナルステージしかないため、2位を死守しないと、リーグ優勝を決めたソフトバンクへの挑戦権はない。残り試合はロッテが6試合、西武が7試合、楽天が5試合。激しい2位争いを繰り広げている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース