巨人・菅野 最多勝当確14勝 「まだ終わっていないですけど完走できた。達成感あります」

[ 2020年11月1日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6-4ヤクルト ( 2020年10月31日    東京D )

<巨・ヤ>5回1失点の好投で今季14勝目を挙げた菅野(撮影・森沢 裕)
Photo By スポニチ

 巨人・菅野がリーグ最多14勝目を挙げ、2年ぶり3度目となる最多勝に当確ランプをともした。2位の阪神・西勇に3勝差をつけ、今季最長だったチームの連敗も5で止めた。

 「寝ていないですし。非常に難しい試合でしたけど、楽しみに来てくれたファンもいる。粘り強く投げようと思った」

 2年ぶりのリーグ優勝を決めた前夜は優勝会見などがあり、深夜まで東京ドームに滞在。一夜明けのデーゲームだったが、気持ちを奮い立たせた。

 予定していた5回を、91球で5安打1失点。最速152キロを計測し、多彩な変化球で幻惑した。今季は腕から始動する新フォームに変え、プロ野球史上初の開幕投手からの13連勝を達成。「当面の目標であったペナントレースは、まだ終わっていないですけど(優勝して)完走できた。達成感はあります」と心境を語った。

 21日に開幕する日本シリーズでは初戦先発が予想される。首脳陣はきょう1日に一度、出場選手登録を抹消する予定。菅野にとっては自身初となる日本一に向けた調整に入る。「体を動かしながら良い時のコンディションに持っていく」。日本シリーズのちょうど1週間前、14日のDeNA戦(横浜)での登板が予想される。(神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース