阪神・近本 2年連続30盗塁達成 4打席連続安打で打率・299まで浮上、3割も目前

[ 2020年11月1日 16:09 ]

セ・リーグ   阪神―DeNA ( 2020年11月1日    横浜 )

<D・神23> 初回2死一塁、近本は二盗する (撮影・平嶋 理子)                                                          
Photo By スポニチ

 阪神・近本光司外野手(25)が、1日のDeNA戦で2年連続30盗塁を達成した。

 1―3の7回1死一、三塁で打席に立つと、パットンの初球を捉え、右前適時打で出塁。続く糸原の初球で二盗に成功した。

 この日は初回にも二盗に成功しており、ここで1試合2盗塁。さらに、ここまで4打席全てで安打を放ち、打率も・299と大台の3割目前まで上昇させた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年11月1日のニュース